サンライフ・エナジー

太陽光発電、オール電化、エコキュートのサンライフ・エナジー。今すぐお問合せください。

太陽光発電システムのよくあるご質問をまとめました。
お湯を作るのですか?
いいえ、違います。電気を作ります。太陽光発電システムは太陽の光エネルギーを利用して太陽電池で発電するものです。
停電時にも、電気は使えるのですか?
停電時でも日射があれば発電しますが、自動的に系統への接続が切り離され、一旦運転を停止します。しかし、次の操作により運転が可能です。運転を手動で自立運転に切り替えることにより、パワーコンディショナー本体の専用コンセントでAC100V(最大1.5Kw)を使うことが出来ます。これを「自立運転機能」といいます。
太陽電池の重みによる屋根への負担が心配ですが。
建物自体の築年数等により異なりますが、太陽電池モジュールおよび取付金具の重さは、陶器瓦の1/3~1/4程度と軽く、屋根への荷重は特に問題ありません。
操作は難しくないですか?
日の出、日の入、天候状態に合わせて自動運転しますので面倒な操作はありません。また売電、買電も自動で行われます。
変換効率とは?

変換効率とは、太陽の光エネルギーから電気エネルギーに変換したときの割合を表します。太陽電池モジュールの変換効率は、

の計算式を用いて算出しています。

電力(W)と電力量(Wh)はどう違うのですか?
「電力」とは電気が1秒間にする仕事を表します。1W(ワット)の電力を1時間使った時の電力量が1Wh(ワットアワー)です。また1000Wを1kW(キロワット)、1000Whを1kWh(キロワットアワー)と表記します。例えば、発電電力2kWの状態が5時間続いた場合、発電電力量は10kWhとなります。
余った電気を蓄電する機能はありますか?
蓄電機能はありません。ただし、電力会社と契約することにより、昼間の余剰電力を電力会社に売り(売電)、夜間などの必要な時に使うことが出来ますので、電力会社が我が家の蓄電池とも考えられます。蓄電システムが必要な場合は販売会社までご相談ください。
「系統連系」、「逆潮流」とは何ですか。
一般に商用の配電線網のことを系統と言います。この系統に発電設備をつないで運転することを「系統連系」と言います。また、「逆潮流」とは、系統連系している設備で発電した電力を系統へ逆流させることを言います。この場合、電力会社へ電気を売ることができます(売電)。
普通の屋根より雷が落ちやすいの?
太陽光発電システムの設置で、雷が落ちやすくなることはありません。
台風や地震がきても大丈夫?
建物同等の強度がありますので、台風や地震もまず問題ありません。
太陽光発電は元が取れるの?
長期設置により可能です。設置規模にもよりますが、太陽光発電システムの価格も年々下がっており長期の設置により高い確率で投資回収が可能です。企業における太陽光発電のコスト回収についてはそもそもの電力単価が大きいため導入する太陽光発電システムの規模や価格にもよりますが補助金を利用して15年~30年ぐらいで回収というケースが多く見られます。住宅に関しては国の優遇施策に加え自治体の政策も年々強化されています。
太陽光発電は本当にCO2削減になるの?
製造でのCO2排出量より多くのエネルギーを節約することができます。どのような発電方式もその製造したり運用したりするにはある程度のエネルギーが必要になります。(燃料や電力)太陽光発電の場合そのほとんどが原料精製や設備製造時のエネルギーとなります。エネルギー源としての性能を示す指標にERT(エネルギーペイバックシステム)とEPR(エネルギー収支比)と呼ばれるものがあり、発電設備の製造などに要したエネルギーに対してどれだけたくさんのエネルギーを得られるか(発電によってどれだけのエネルギー消費を回避できたか)を示す指標になります。
温度と発電量は?
単結晶、多結晶の太陽電池は温度が上がると効率が下がります。電池の種類により異なりますが、平均1度上がるごとに0,4%~0,5%は効率は下がるとされています。このため真夏の発電効率は12ヶ月中で一番低くなります。(日照時間、量は多いため発電量は増えます)逆にアルファモスは温度に影響を受けることが少なく夏場の発電も確保できます。
季節によって発電量はどれくらい変化する?
日射量と温度の変化によっては倍近い差が生まれるケースもあります。太陽光パネルは温度が高いときは変換効率が低くなる性質がありますので夏期の日射量が多い時期より5月頃の比較的涼しい時期に発電が多くなります。太陽電池の種類によって温度特性が異なるため、同じ設備量でも年間発電量に差がつく場合があります。
雪国では発電できない?
パネルに積雪しない限り、むしろ発電量が向上します。冬の寒さから日差しが少ないと思われがちな北海道ですが、じつは東京よりも年平均日射量は多いんです。しかし積雪の影響から太陽光発電の普及はあまり進んでいません。その積雪の障害を解消しようと現在、江別市で太陽光発電の実証実験が行われています。 太陽光発電は雪がパネルに着雪し光が遮られれば、当然のこと発電量はゼロになります。しかし寒冷地では高温による太陽電池の効率低下が抑えられむしろ冬場に効率が上昇するというメリットもあります。 札幌市に隣接する江別市では2009年12月下旬から集合住宅および業務用を対象とした「積雪の影響を受けない太陽光発電システム」の実証事業が進められています。この事業は経産省の「低酸素社会に向けた技術発掘、社会システム実証事業」として採択たれたものです。 市役所本庁舎では集合住宅のベランダに設置するモデルとして約10kwのパネルを傾斜角90度と75度に設置。しずみの小学校隣接地には地上設置型として計約17kwのパネルを架台に設置した。地上設置型には江別市最適傾斜角に固定したもの(33度)傾斜角を夏期20度、冬期60度に切り替える可変架台や、パネルフレーム枠を平坦化したり落雷しやすい塗料を塗布したり、ヒーターを付けるなど対策を施した架台などもあります。太陽電池には北海道電力の稚内メガソーラーの実績を参考に寒冷地の気候特性に適した多結晶シリコン(三菱電気、京セラ)を採用しました。
発電量と発電効率はどっちが大事?
発電量の方が重要です。設置面積の限られる住宅においては発電効率の良いパネルほどより発電量が得られますが、同等のパネルでもパワーコンディショナーが異なればより性能の高いコンディショナーを持つシステムの方がより多い発電量を得ることになります。産業用においては発電量の重要性はより顕著で同じ10kwシステムでも設置面積に余裕があればコストの高い変換効率20%のパネル50枚よりもコストの低い10%のパネル100枚の方が価値が高いと言えるでしょう。 また、何より瞬間的な出力であるkwの数字よりも実際の発電量であるkwhの確保、つまり本当に期待した電力が得られているかという点こそが太陽光発電のかつ判断の上で最も重要な点になります。
発電量と実際の出力はどうちがう?
まず太陽光発電の発電量は、太陽電池モジュールの出力の大きさと枚数となります。 公称最大出力200Wのモジュールを50枚設置すると200W×50枚=10kwとなります。ただし、実際の太陽光発電システムの出力は日射量や素子温度の上昇、設置条件パワーコンディショナーの電力損失などにより上記の計算どおりにはいきません。 太陽光発電協会では晴天時の出力(瞬間値)太陽電池容量の約60%~80%を目安と考えるように示しています。上記の場合だと実際の出力は10kw×0.6~0.8=6k~8kwとなります。
太陽の光からどうやって発電するのですか?
半導体の光電効果と呼ばれる現象を利用しています。
愛知県大府市
「大府市住宅用太陽光発電システム設置費補助金(平成22年度)」
余った電気はどうなりますか?
余った電気は売ります。だから電気を無駄にすることはありません。晴天時の日中など自宅で使いきれない程発電し電気が余った場合は、自動的に電力会社の電力系統に送り売電するようになっています。ですから、発電した電気を無駄にすることはありません。
どのくらいの省エネ効果がありますか?
3.7kWシステムの太陽光発電システムを設置していただきますと、石油に換算して年間で約864リットルの資源を節約することができます。
売った電力代金は、どのように受け取るのでしょうか?
売電の入金は銀行振込です。買電と売電は相殺されず、別々に扱われます。(2004年1月現在)
発電状況は確認できますか?
パワーコンディショナー本体で、瞬時発電電力、積算発電電力量、運転状態など発電状況を確認することが出来ます。また、パワーモニターでも、確認することができます。
曇りの日や雨の日も発電するの?
太陽が出ていれば発電します。但し曇るとあまり発電しません。晴れのとき…日射の強さに比例して発電します。電力会社へ電気を買い取ってもらう量が多くなります。曇りや雨のとき… 曇りや雨の日でも日射の強さに応じて発電しますが、電力会社の電気を使う量が多くなります。
積雪地域では発電量が少ないですか。
太陽電池モジュールの上に雪が積もると発電しません。但し冬場でも晴天日の多い地域なら積もった雪が落ちるので発電します。
太陽電池が葉っぱなどに覆われるとどうなりますか?
太陽電池モジュールの一部に落葉・電柱等の影があると、その部分で抵抗が大きくなり、モジュール全体の瞬時発電電力が大きく低下します。三菱電機の太陽電池モジュールは影による発電量低下を最小限に抑える「バイパスダイオード機能」を備えています。
発電すると音はでますか?
図書館なみの静かさです。太陽電池モジュールからは出ませんがパワーコンディショナーからは、運転時にわずかな音(36db)は出ます。しかし、その音のレベルは図書館内と同じぐらい静かです。
発電以外に何か効果がありますか?
遮熱効果が期待できます。夏場の冷房負荷軽減が期待できます。
南面以外の屋根にも設置できますか?
東面や西面の屋根面へも設置できます。太陽電池モジュールは、真南面で傾斜角約30°の時が最も積算発電電力量が大きくなりますが※、東西それぞれ45°の方位で約5%、真東・真西でも約15%しか低下しません。ただし、北面の場合積算発電電力量は大きく低下しますのでお勧めできません。※設置する地域によって異なります。
どんな屋根にも設置できますか?
多くの種類の屋根や材質に対応できます。屋根の上にモジュールを設置する面積が十分であれば、ほとんどの屋根で設置することが可能です。 また、新築だけではなく既築の住宅にも設置することができます。 (築年数や屋根の形状・屋根材等によっては設置できない場合があります。)
メンテナンスは必要ですか?
基本的にメンテナンスの必要はございません。 但し、当社では「4年に一度の定期点検」をお勧めしております。
掃除は必要ですか?
一般の住宅地区ではほとんど必要ありません。汚れの大部分は、降雨で洗い流されます。
太陽光発電に補助金や融資にはどんなものがありますか?
次のような制度があります。(2007年6月現在)・地方自治体(都・県・市・町・村など)が独自に行っている補助金交付制度や、無利子融資などの補助制度 ・ 住宅金融支援機構の割増融資制度