サンライフ・エナジー

太陽光発電、オール電化、エコキュートのサンライフ・エナジー。今すぐお問合せください。

国と自治体からの補助金があります。
国からの補助金
国(経済産業省)が実施する太陽光発電の補助金制度
「平成23年度 住宅用太陽光発電導入支援対策費補助金」
平成23年度も、国が実施する太陽光発電システムの補助金が継続されることになりました。ただし、補助金額は去年よりも引き下げられています。これは、太陽光発電システム自体の価格相場が下落傾向にあるため。今までよりもより安い金額でシステムの導入ができるようになっています。また、余剰電力の買取制度も実施されており、新築の場合、条件によっては住宅エコポイント制度の活用も可能です。
  • 申請期間:平成23年4月12日~平成23年12月22日
  • 補助金額:1kWあたり4.8万円
  • 対象となる太陽光発電システムの概要:
・低圧配電線と逆潮流有りで連系していること
・太陽電池モジュールの変換効率が一定の数値を上回ること (太陽電池の種別毎に基準値を設定)
・一定の品質・性能が確保され、設置後のサポート等がメーカー等によって確保されていること
・公称最大出力が10kW未満であること
・1kWあたりのシステム価格:60万円/kW以下(税抜)であること
昨年度からの大きな変更点は、補助金額が引き下げられたこと。
また、予算額はやや少なくなっていますが、補助件数自体は約2万件多くなっています。1kWあたりのシステム価格の制限が、昨年度より5万円下がって60万円/kW以下(税抜)となったこともポイント。

太陽光発電は、設置時の補助金だけじゃない!
設置後10年間は、余剰電力買取制度の対象に
経済産業省は、2009年11月1日から「太陽光発電の新たな買取制度」を開始しました。この制度は、家庭や事業所などの太陽光発電からの余剰電力を一定の価格で買い取ることを電気事業者に義務づける、というもの。買取価格(2011年度)は、一般住宅の場合42円/kWh、事務所や工場などの場合40円/kWhと定められています。買取期間は10年間で、買取開始時の買取価格が維持されたまま、10年間買取が行われます。
※詳しくは、太陽光発電普及拡大センター(J-PEC)の公式サイトをご覧ください。